歯を残すために|名古屋の歯科医院・テルミナインプラントセンター

お問い合わせ

歯を残すために

医院情報

医療法人エルザ会 テルミナインプラントセンター

  • 住所
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    JR名古屋駅コンコース
    ファッションワン内
    ※アクセスの利便性も良いため、名古屋近郊以外にも、岐阜・三重からの患者様にもご来院いただいております。
  • 電話番号
    0120-455-758
  • 診療時間

    月・火・水・金

    9:30~18:30

    土・祝

    9:00~18:00

  • 休診日

    木曜・日曜

研修予定


医院の選び方

歯やインプラントを残す為にどんな歯科医院を選べば良いか

インプラント歯科医が各種学会・スタディグループに入っていて勉強熱心で症例発表を行っている。
特に海外のインプラント関連学会に出ようとするインプラント歯科医はよほど熱心でないと、費用がかかりますので続きません。 そういう歯科医は良いインプラント治療と指導を行うためにお金をかけているのです。
口腔内写真・レントゲン写真・CTスキャンなど多くを撮影し、正確なインプラント治療診断を行う。
資料は専門家学会での発表でも使用される。
予防・ブラッシング指導・メンテナンスなどインプラントの維持指導に時間と回数をかける。
1年後に来てくださいというのではだめです。 30才以上の方なら誰でも程度の差はあれ歯周病が有る。 歯肉の下の根の表面に菌が膜(バイオフィルム)を作る。 歯のルートプレーニング(根のお掃除)をしても1週間で菌がついてくる。 1ヶ月でバイオフィルムはかなり厚くなる。だから通常は1ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めする。
禁煙指導を行う。
タバコは口腔の微細血管に影響し血液循環を悪くし、細菌に対抗する白血球の動き・働きを悪くする。 タバコは歯とインプラントに大変悪いので、止めるべきだ。
歯科医も器用な方が良いが、少なくともインプラント治療が雑なのはいけない。
時間が多少かかっても丁寧なほうが良い。ただしインプラント治療の内容は分かりにくい。

患者さん自身が気をつけること

患者さん自身が気をつけることインプラント治療が終わって長期間の治療から解放され、機能性・審美性に優れた歯を手に入れられた方は、安心感をお持ちだと思われます。インプラント治療で装着する歯は人工的な素材でできているため、虫歯になる心配もありません。

だからといって治療後のメンテナンスを怠っていると、『インプラント周囲炎』になってしまいます。インプラント周囲炎は歯周病のような病気で、進行すると歯肉の腫れや痛み、膿が出るなどの不快な症状が現れます。そして、そのままにしておくと、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまう可能性が出てしまいます。

人工歯にすると天然歯のときと歯肉の構造が変わります。そのため、炎症が起きると天然歯のときより早く悪化する傾向があり、注意が必要です。しかし、歯周病と同じくインプラント周囲炎は予防することができるので、適切な方法でケアを続けていれば悪化を防ぐことができます。

予防のために歯科医院で定期検診を受けることは基本ですが、以下のように日常生活で気をつけるべきこともたくさんあります。

歯垢を丁寧に落とす

歯垢を丁寧に落とす口の中にいる細菌の塊を歯垢といいます。インプラント周囲炎は、歯垢の中の細菌が出す毒素により発症しますが、歯垢は丁寧な歯磨きで取り除けます。きちんと歯垢を落とすには、「適切な歯ブラシ選び」と「口の状態に合った磨き方」が大切ですが、これらは人によって異なります。

インプラント治療を受けたことによって歯並びが変わり、以前の歯磨き方法ではきちんと歯垢を落とせないこともあるので、インプラント治療後に改めて歯磨き指導を受けることが大切です。

歯ブラシ選びや歯磨きするときは、以下のような点を意識しましょう。

  • ヘッド(植毛部分)が小さく、毛先がギザギザではなく均一の歯ブラシを選ぶ
  • 毛がナイロンで、歯垢を落とすのに適した普通の硬さのもの歯ブラシを選ぶ
  • 泡立ちや香りによる爽快感で磨けたつもりになってしまうので、歯磨き剤は米粒大にする
  • 親指・人差し指・中指の3本の指で歯ブラシを持ち、毛先が広がらないよう軽い力で動かす
  • 毛先を歯周ポケット(歯と歯肉の境目)、
    歯と歯の間などに当て、小刻みに動かして1~2本ずつ磨く
  • 磨き忘れのないよう、上顎から歯並びに沿って一周するように磨くなど、磨く順番を決める

食事の時間を決める

食事の時間を決める歯垢は飲食の回数に比例してできていくため、時間を決めずに食事や間食をしていると歯垢が増えやすくなってしまいます。仕事や家事をしながらダラダラと食べる癖がある方は、きちんと時間を決めて食べるようにしましょう。

食べ物はひと口で30回噛む

食べ物はひと口で30回噛む食べ物をよく噛むと唾液の分泌量が増え、歯や歯肉に食べ物が残りにくくなります。噛む回数を増やすためには、柔らかいものだけでなく野菜類や海藻類などを食べましょう。

喫煙は控える

喫煙は、歯周病やインプラント周囲炎の原因の一つです。
禁煙が難しい方は、まずは少しずつ本数を減らす努力をしましょう。